箱庭

2013 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

潮騒

2013/11/18(Mon) 23:18



泥濘んだ夜に
足をとられて動けない
開けた窓から
流れ込んできた潮騒が
覚えてもいない母の後ろ姿に似ていて
かなしくなる

思い出せないということを
思い出すのはいつも
季節の狭間の生ぬるい溝の底

鼓動が赤い星の瞬きに呼応して
消滅の予感に嘆くのを
やり過ごすのに、ここはいい
熱くも冷たくもない
まるで守られた胞衣の内側で
丸まってみては
延び切った肢体で再生を夢みている

巻き戻せるテープが好きだった
鉛筆をさしこんでぐるぐると
時間を遡行する錯覚はいつも
ごりごりとリアルな感触だった

潮が引いてゆく
部屋に渦巻く果たされなかった約束の
引きずり出された痕跡が
夜の泥濘にだらしなく伸びていく
そういえば母は髪が長かったと
覚えてもいないのにかなしくなる

ここが夢中夢のどのあたりかは
分かりようがなくて
つま先で探しだしたシーツの冷えた感触に
無意識に胸を撫でおろし
呼吸をするように、丸くなる



スポンサーサイト
コメント:0 トラックバック:0

窓の向こうは季節の空でした。

2013/11/12(Tue) 00:40

窓の向こうは

「ここへ持ってきたい詩集があった」
「手紙を書きたかった」

窓の向こうは2

小さな後悔は、
ここで過ごした時間の実り。

デカフェ、スコーン、キッシュ、ハーブティ。
天井のプロペラ。それと、頬杖。




写真と コメント:0 トラックバック:0

憧れ

2013/11/05(Tue) 00:41


む・冷たさ横たわる

豊か は 圧倒的。
横たわる幾重のものたちは
呼吸をやめても、温かい。

豊かさを求めるなど
ときどきとてもおこがましく思える。



写真と コメント:0 トラックバック:0

父メモ 11月

2013/11/01(Fri) 23:49
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
父メモ コメント:- トラックバック:-
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。